--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06.15 11:32|音楽・映画・演劇・本
おひさしぶりですにゃ~。
c01_201606151045580e6.jpg

梅雨時期に入りました、みなさまお元気でしょうか。
今日のブログは日々のどうでもいい話。
ですが一応その前に、現在人形を展示中なのでご案内させていただきます。
6/5~7/5 辻村寿三郎人形館にて。http://www.mhst.jp/jusaburo/jyusaburo_miyoshi.htm
公募展ですが、招待作家様もとても素敵なのでお近くにいらっしゃる方はぜひぜひ足をお運びくださいませ。。

ホントは公募展のブログを書くべきでしょうが、今日はちらっと。
昨日見た映画のことを書いてみたくなってます。

いろんな方が期待している映画だったので、ずっと見たいなと思っていたのですが、先にテレビ放送で見てしまいました。

「海街diary」

見終わったときに、ビーズのアクセサリーみたいだなというイメージが湧いてきました。
あまり多くを語らず、沢山あるであろう要素を説明するのではなく、役者さんの力に託してぽんぽん、と繋がれた物語。
ひとつぶひとつぶ、とても綺麗で大玉のガラスや宝石を配置して、間には鎖だけ。
鎖の空間にあるのは諍いや苦しみで、普通だったらそれをドラマにするんだろうけど、この映画はそこがすっぽりと役者さんの背後にしか見えないからかえって風景が見える。
海沿いの街の生活の風景。
生活の中に、悲しいこともあれば楽しいこともあって、美人姉妹も喧嘩して、問題児の母ちゃんが帰ってきて。
でも…、本当ならみんながそうだと思うんです。悲しいことも驚いたことも楽しい出来事も、みんな日常の一部だと思って生きてるから。
そういう風景が映画になるというのがとても素敵で、新しいなと思ったので記録しておきたくて書いてます。

こういう感じは監督さんが生み出したものなのか、それとも原作? 
少し調べてみたら、おそらく原作が持っている雰囲気なんだろうとおもわれます。

原作 吉田秋生

どっかで見た名前だなと思ったら…「BANANA FISH」の著者! うおーそうかそうか、あの漫画!!
ドラッグや戦争、ストリートギャングの抗争を描いたシビアな人間ドラマの漫画で、これがどうして少女漫画!? と思いつつ私達の世代ではとても流行りました…みんな読んでました。
あの著者ならきっと描ける世界なのでしょう。

監督の是枝裕和氏がとあるインタビューにて、「テーマは死」だと言っていました。
生と死の割合がほぼ同等。
主人公達が父親が死んだ後に父親を取り戻す話、と言ってますが…。
ネタバレですが、私としては最後にすずが「お母さんの馬鹿ー!」と叫んだときに、長女の幸がすずに共感し、子供時代の辛さがふわっと軽くなったんじゃないかと思いました。
娘にとって、父親は「異性だから」というだけでどこか許せる部分があるけど、母親との確執ほうが根が深い気がするんです…自分はそうです。だから、「お父さんの馬鹿」よりも「お母さんの馬鹿」で、泣いてしまいます。

吉田秋生さんも女性作家さんならではの、そういうシビアで温かい視線があるのかな。
そして、是枝裕和監督のキャスティングと脚本と、「役者さんを生かす力」に拍手。
またこの監督の映画を見てみたいなと思っています。
「海街diary」 原作も読まなきゃね。















スポンサーサイト
2013.12.15 20:55|音楽・映画・演劇・本
先日の忍者イベントでのアクションの様子がYouTubeにアップされたのでご紹介します。

こちら

三歳から高校生まで出演。
4:15あたりから特にお勧めです。
ぐるぐる回っているお姉さん達は中学一年生(多分)です。

新体操、太極拳、演技力とみんな特技を生かしていて素晴らしいです!
2013.08.02 19:20|音楽・映画・演劇・本
昨日は木曜教室だったのに、あまりに忙しくて水曜日だと思ってて、慌ててお休み連絡入れました…orz
元々お休みする予定ではあったものの、曜日を間違えるなんて…夏休み怖い。。

明後日から仙台に帰省しようと思っているので、TUTAYAへ行ってきました。
車で帰る楽しみなんて、音楽聴くしかないっしょ!!

capsle 「PLAYER」 helloが好きです、NHKのハートネットTVのBGMでかかっていてどうしても聞きたくなった。

MONDO GROSSO 「Born Free」 95年のアルバム。大沢伸一ってベーシストなのか…主張の強いベースです。人間性が現れてそうなごついベースとブラックなミュージック。大変面白いです。

きゃりーぱみゅぱみゅ 「なんだこれくしょん」 ふりそでーしょんが好きです。ミュージックビデオのコリオグラフも大好きでめっちゃオススメな一品。でもインベーダー×☆※■△なんたらのMVはつまんねーぞ。これから音楽はちゃんと聞いてやる!って状況。

androp 「note」 2枚目のアルバムで5曲しか入ってない。今のを聞きなれると演奏はこっちのが下手ですが、初期ならではの魅力もある。これから聞き込みますぞ。

BJORK 「BIOPHILA」 フジロックフェスティバルコーナーにあって思わず借りてみたビョーク!!…なんかもう聴くまえから強そうで、車で聴くのが正しいのかはわからない。怖いような楽しみなような。ビョークは音楽というか芸術の粋のような気がします、理解できないのが前提だけど存在に触れてみようかしら、的な存在(笑)


とりあえず私は、andropとMONDO GROSSO押しのまま半年以上が過ぎています。
大沢伸一は、たまにすごくYMOが好きです、と語っているような曲もありますが、ラテンやブラック、R&B色のほうが濃い方なのかなと思います、この「BORN FREE」はジャズの要素も強くてトランペットサックス等の金管も素敵ですしジャズ系のストリングスの使い方もめっちゃかっこよく、ラップも同時に入って違和感なく、ボーダレスな幅広い音楽です。うはうはです。

変態な日記になるので、今日はこの辺で…。
かえすがえす言いますが、教室忘れてごめんなさい。。。

来週も休むのです、帰省中です。
皆様よいお盆休みを!!!

2013.05.27 09:00|音楽・映画・演劇・本
今日はオンガクの話。
sasakure.UKさんのニューアルバムが5/29に発売らしいですね。
最近ササクレさんは有名人になってTUTAYAに入ってるから、買おうか迷う。

「トンデモ未来空奏図」クロスフェード
You-Tubeバージョン ニコ動の動画埋め込みできなかった(汗)

ニコ動は見られない方もいるのでこちらもいいのだけど、ササクレさんはニコ動のが楽しいですね。
一時期ジャズに凝ってましたが、今回は打ち込み系&ボカロに帰ってきました。
個人的にクエスチョン100が好きです。


先日姉が手伝いに来てくれたとき、Perfumeの作詞・作曲をされている中田ヤスタカ(capsle)さんの話になりました。
中田さんの曲はよく聴くのですが、YMOの影響より、坂本龍一の奥様の矢野顕子さんの影響も大きい感じするけどね~矢野顕子は天才だね~、なんて話してたら。

「坂本龍一は矢野顕子ほどの天才ではなかったって話もあるよね。モーツァルトが矢野顕子で、サリエリが坂本教授ってたとえ話あるよ」

という話を聞いて大 爆 笑。

矢野顕子さんという天才を、いまの若い子はあまり知らないんですよね…寂しい話です。
でも、たぬきの歌とか、ひよこの歌とか、「ラーメンたべたい」とか。
とにかく天性のメッセンジャーですから、ちょっとついてけないなぁという方も一度は聞いてみると楽しいんじゃないかと思います。

ここ1ヶ月のマイブームはエレクトロで、「cupsle」と「Mondo Grosso」をよく聞いています。
モンドグロッソは洋楽っぽいですが、大沢伸一さんという日本人が作曲されていて、歌をBoaちゃんとか、Bardが歌っているので歌唱力も素晴らしいです。ラテン系のリズムかハウスミュージック系のがとくに好きです。

カプセルのこしこちゃん(Vo.)も私は大好きですけどね!
中田ヤスタカさんは歌入りの曲が好きなので、エレクトロというよりPOPSとして聞いてる感じ。

「Mondo Grosso」feat.Boa
CSのミュージックビデオ特集で見ました。「ビールがおいしく飲める曲特集」だった。
ジャミロクワイに似てると思ったら大沢伸一がジャミロクワイのアレンジしてたらしい。

「Mondo Grosso」feat.Bird
ラテンの感じが素敵です。

「cupsle」World Of Fantasy
MVの映像がまた大好きなんですよね。スピードオーバーには気をつけて~!


ちなみに、私のヘッドフォンはオーディオテクニカの2万超える物となっております…。
クラシックまで綺麗に再現できるとなるとこんな値段になるんですよね、とほほ。
2013.03.25 18:05|音楽・映画・演劇・本
昨日は、仙台にある「能-BOX」で行われた能とコンテンポラリーダンスのコラボ公演へ行ってきました。

森山開次さんという個性的なダンサーがおりまして、私は15年前に偶然見たときからのファンなのです(^。^;)

森山さんがNHKに出ているのは拝見していましたが、舞台はそれほど見てきたわけではないので、そんなファンって言えるかどうかとは思うけど、地方に住んでいて子育て中なんて観に行けないよ~。
までも、今でこそ世界の森山開次ですが(笑)、私が応援してた頃はファン3人でしたからね…。
いまは新国立劇場も満席だし、今年は賞を立て続けに受賞されたし、本当に大きくなられて…(ToT)どうなるか分からないものです。

仙台に帰省中にちょうど良く公演があったので、これはぜひ見ておかないと!とわりと気軽に行ってみました。

実は能を観るのは初めての私…、能は何か敷居が高いというか、縁遠い世界よねーと思っていたのですが、成田美名子さんのお能漫画を愛読していたおかげで予備知識は少々あるのです(笑)
でもやっぱり妙に緊張しながら見て肩が凝りました…。


第一部
能「天鼓」
あらすじ
中国は後漢の時代、天鼓という少年がいました。天から降ってきたという鼓を持ち、彼がこれを打つとすばらしい音が響きました。これを聞いた皇帝がこの鼓を召し上げるように命じ、天鼓は鼓を持って山へ隠れたが探し出されて鼓を奪われ、呂水に沈められて落命します。
以来、鼓は誰が打っても鳴りませんでした。
その後、天鼓の父が召し出され、皇帝の前で鼓を打つように命じられます。死を覚悟して参内した父が愛児を失った悲しみを込めて鼓を打つと、鼓は美しい音で鳴り響きました。皇帝は心動かされ、父に褒美を与えるとともに、天鼓の供養を約束します。呂水のほとりで弔いを始めると、天鼓の霊が現れ、鼓を打ち鳴らし舞うのでした。そして夜明けとともに姿が消えていきます…。

はじめは翁(老人)の語りなので若干眠くはなったものの、後半は天鼓の後光が射しそうな着物と若者の能面が素敵で、動きも多く、お囃子も盛り上がり面白かったです。

ワキ方さんの汗がすごかったな…シテさんは被り物とか髪の毛で見えないんだけど、衣装が超厚着だし、動き方が能独特の「全速力で止まってる」状態だし、すんごい汗だくだったと思います。

二部
ダンス「KURUI」天鼓から着想を得たダンス作品。

森山開次さんと津村禮次郎さん(シテ方さん)とお囃子の方もいる舞台で、私は本当に想像がつかなかったのですが…。

衣装がまず素敵でしたね、うまく文章に出来ないのだけど、精霊のような鬼のような面を着けて登場してきて、やはり舞台には足袋で上がるんですね。

古典芸能の能を壊すんじゃないかという杞憂をよそに、すごく世界観そのままな天鼓が登場して舞っていました。
森山さんはもともと摺り足のような動きが特徴だし、人外の生き物約がはまる雰囲気がありますから、天鼓の霊そのものみたいに見えてはまってました。

シテ方さんも直面(ひためん)でお顔が見えて、なんかすごくいい顔つきの方でしたねー!

公演が終わった後すぐに客席に出てきて、お客さんにご挨拶していたのですが、真っ白の着物を着てしゃがんだ後ろ姿がかっこいい!!70くらいだろうに、疲れた感じが全くなくて、こちらも人間離れした方に見えました。

私もう、ずーっと見ていたかったなぁ…(>_<)森山さん、レベルアップしてた。

私もなんか、人形作りたくてウズウズしてきたよ…こういう舞台は妙な刺激を受けますな!!

以上、まとまりのない感想文を携帯から書かせていただきました~。
誤字脱字、駄文はお見逃し下さいませ( ̄∀ ̄)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。