2013.06.27 22:26|ねこにっき
放置している日記に遊びに来ていただきありがとうございます。
もう、何もかもチェックしてない放置ブログに成り果てています…(汗)


koko87.jpg
作業部屋にあった籐の椅子をリビングに出しました。
早速バリバリやってますが、意外と被害は少ない。

koko88.jpg
のびびー。

koko83.jpg
ちょっと大人顔になった?



ココ様日記、つづく。
スポンサーサイト
2013.06.21 23:05|にゃー(日々のつぶやき)
教室へ無事行ってきました。

…、すみません、雨だったので荷物軽減策によりカメラもなく、

「トイレ入って寝たい」

というくらいの眠気と格闘していたので、慣性の法則に従いました、という程度のニュートラル運行で貴重な一日の作業は終わりました。

目新しいことはなかったのだよ、という意味です。たまに妙な日本語出ますね、私…。


ただ、関節の球体の「受け」部分の作り方を何度も失敗して教わったので、進歩はしています。
球つくりマシーン(本城先生の開発した、球を簡単に作れる電動やすり機)も使わせてもらったので、一応進んではいます。

までも、これといって何も出ねぇ…(汗)

2013.06.19 23:31|制作日誌
明日教室へ行けますように!

願掛けしているのは、娘達の体調がひじょーに微妙だからです。


一番大きい原型はいいとして、ペアで作っている原型に問題発生。
男の子を7頭身以上にしたら、女の子も7頭身にしないとバランスが悪い。

男女ペアのバランスって難しい!!!

女の子をなんとな~くという理由で6頭身に作った自分を呪いたい気分です。
もうラドール原型にしちゃったので修正が大変です、油土の意味なし。
非常に微妙な作業工程なので、写真がありませんー;;

腹部を3分割しているので、その辺りで修正していこう…。


koko79.jpg
トイレひっくり返してしゃねっぷり~♪
砂を木系から紙製に変えたらトレイが軽くなっちゃったのかしら。
水に流せる砂はちょっぴり楽ね。

2013.06.14 17:50|にゃー(日々のつぶやき)
にゃー。でございます。

先日友人と、いつも混んでいる都内の美術館のひとつ、国立新美術館へ行ってきた。

「貴婦人と一角獣展」

Gダムユニコーンでおなじみの赤くてでっかいタペストリー。
あの場にいた大多数のマダム達には全く関係のないことだろう。
ただし、音声ガイドはシャアとメーテルの声の方です。

「まずは、全体を見るがいい」

とシャアに言われてぶほっと吹き出しそうになったけど、こらえておいた。



私の西洋美術の知識の中ではタペストリーはすっぽりと抜けていたので、一緒に行った友人に

「タペストリーってどんくらい需要あったんだろう?」

と聞いたら、

「石造りの城はすきま風が寒いから、暖をとるためにタペストリーを壁に飾ることが一般的だった」

と教えてくれました。嫁入り道具的な位置付けであったり、相当需要があったんですね。
ネーデルランド一帯とフランス原産のものが多いらしい。この貴婦人…のタペストリーもネーデルランドの公爵が発注したのではないか?といわれているようです。
当時フランスにはタペストリー工房が沢山あったそうで、その技術がまぁ、嫌になるくらいすごいです。
これをわざわざ織物で作らなくても…。

6つのタペストリーが円形の館内に飾ってあり、そのうち5つが五感を表し、最後のひとつは第六感だとか、五感を制するという意味合いがあるのだとか。

他のタペストリーの大作をほぼ見ていない私はなんともいえませんが、植物をバックに人物を配置する構図(ミルフルール)が美しい。建物などがバックにある構図よりも、植物文様が織物の風合いと溶け込む感じがします。
植物や動物だけを見ていても面白かったです、うさこがいろんな場所にいてかわいいんですよ。
サルは首輪を付けられていてちょっと虐げられている…動物による扱いの差が気になります。

それにしても、中世ヨーロッパのドレスっていいなぁ…。
こういうドレス、人形に着せてみたいぞーと思う。作るのが難しそう…。
6枚目のタペストリーと、石彫の女性のポストカード←人形資料 を買ってきた。

2013.06.14 037
コッドを着ている女性の像がステキ。
2013.06.13 23:22|にゃー(日々のつぶやき)
なんだかなーという日々のどうでもよいつぶやきは「にゃー」というカテゴリです。
にゃーにゃー。

先日、ブログ解析だの規制だのの愚痴をプロのジャーナリスト様に愚痴ったらすっきりしました。
彼女はほんとに世界をまたにかけるジャーナリストだから、その彼女がわけわからんと言ってたもんね。
ふんがー。
今日はロシアに行って元気に活動してるらしい。
私も開き直ってやってこーデスヨ(○'ω'○)

そんなわけで、ブログ移転をしたいなーと言いつつも、子供の病気どころではないことが勃発しています。
事件性のあることなのでここでは詳しく書けないのですが、しばらくその対応に追われそうです。

ちらっと書くと、防犯カメラについてハウスメーカーの営業さんに聞いたり、防犯のカラーボールはアマゾンで1200円で売ってるんやーとか、カラーボール投げる練習しよっかなー、地面に当てればいいんだなーとか、催涙スプレーは自滅する可能性あるなぁ(←どじっ子だからね)とか思ってます。

人生いろいろ、島倉千代子もびっくりな感じの人生を歩んできた私だけど、さらにこっち方面かよーと思う今日この頃。

2013.06.07 17:29|にゃー(日々のつぶやき)
今日も体調が悪いです…疲れているのかなぁ。
朝から力は出ないわ、眠いわ、お腹も絶不調。

晩御飯にもつ煮込みを食べたのですが、全身にじんましんが出ました。
久しぶりのじんましん…かゆいです。

弱っているとき内臓系は食べちゃだめ。
今日の教訓…。


最近のココさん。
koko80.jpg
この部屋あっついんだけどー。

うちのリビングは2階で暑いから、夏場はクーラーをつけるか一階に避難してもらうか…。
トイレを上下別に2つ設置しようか悩み…。
最近は二層式で砂を一ヶ月交換しなくても良いトイレってのがあるらしいので、
ハイテクトイレも使ってみたい。
夏場はやっぱり臭いが気になるのかなぁ…猫初心者はやってみないとわからないの。
2013.06.06 20:07|にゃー(日々のつぶやき)
今日は教室の日でした。

せっかく都内まで行ったというのに、早退してきました。
というのも、朝からちょっと違和感のあった左耳が昼過ぎから痛くなり、病院へ行ったほうがいいよと言われたもので…。
この痛みは覚えがあります、原因はたぶんアレルギーで耳をいじりすぎてばい菌入ったんでしょう。

家に帰り、耳鼻科を受診してきました。
消毒して炎症止めと痛み止めの点耳薬を入れたら眩暈がして耳が聞こえなくなり、ふらふらしながら薬をもらって帰ってきました。

薬を入れたときは痛くなかったのですが、それがなくなったらまた痛い!!
耳の痛みは痛み止め飲めばよいはずなのですが、私はバファリン系を飲むと関節がもやもやして力が入らなくなってしまうので、あまり飲みたくないんですよ…運転も危険だし。

はやく点耳薬やりたいよー。


というわけで、気付けば今日の教室の写真もなく。
早く耳治します…(/ー ̄;)シクシク
2013.06.03 20:41|制作日誌
いろいろやりすぎ。

g 001
先日作った女の子の原型は、全部石膏がけ終了。
ちょっと難しい作業ですが、これだけ一気にやったら慣れました。
しかも、おうちゃく者な私は座ったままで何個も石膏作業が出来る方法を編み出しました。

2013.05.30 047
右の入れ物がポイント。
石膏はすぐ固まるので容器を洗う作業、そして排水溝に石膏を流してはいけないために拭き取る作業が面倒です。
使い捨て容器なら問題ありませんが、このヨーグルトの入れ物だと固まった石膏もペコペコと側面を押すだけで気持ちよく石膏がはがれ、繰り返し利用可能です。
ティッシュペーパーを消費しますが、拭き取ってまた水を入れて石膏作業できます!!
余談ですが、この頭の原型の取り方は間違い(汗)でも頭上が開いていたらラドールは早く乾くのでドンマイ。

m02.jpg
女の子の原型から変身して男の子をざっくり作る。
2人並んでちょうどいいサイズとして作ってみようかという試みですが、男の子が女の子の添え物になるのか、はたまた逆になるのか。

m01.jpg
そして半分作って油土がなくなり、このような姿…(汗)
気持ち悪い、ごめんなさい。
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR