--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.31 06:46|人形のおはなし
あるひとつの理想の形を差す言葉に、黄金率というものがあります。

何か立体をつくっている人ならふと「自分はわかった!」と思う瞬間があると思うのですが、それは例えば手の作り方だったり、足の造形が上手になったり、顔が左右対称に作れるようになったかな?などの個々のことが多いと思います。

もっと高度なわかった、は、目で見てミリ単位がわかるようになる、直線的ではない立体を見て、一瞬で左右の誤差がわかるなどの、アウトラインの修正ができるようなこと。

もっともっと高度なのは、完成品を想像したとおりに仕上げることが出来て、衣装やその周囲の風景も見えていて、出来上がった作品が見る人にどう受け止められるのかまでわかるような、そういう全体の作品としてのまとまりが見えること。

なんとなくわかる、ではなくて、変な表現かもしれないけれど表現上の「決め打ち」ができるような、わかるのこと。

そういうのをね、ホシノさんの個展を見たときに思ったのです。
創作人形としてのあるひとつの理想のカタチで、ホシノさんにはこの風景が見えていたんだなぁと。
きっといろんな背景があってここにたどり着いていらっしゃるのだろうけれど、無理なく、集まる方々もごく自然に足を運べる。
そういう、個展としての理想でもあります。

いつか、自分の中の黄金率がわかればいいなぁって思うことがあります。
ふとした瞬間に、この人は黄金率を知っているんじゃないかと感じることがあります。
お月様を見上げて綺麗だと思うように、すんなりと良いと思える作品が作れるように、私も精進したいです。

スポンサーサイト
2014.05.29 16:28|にゃー(日々のつぶやき)
まずは連絡事項でございます。

デザインフェスタでお会いした、とても素敵な猫目薬局の皆様をリンクさせていただきました。

・松原みろんさま
・ラクッコピコりんさま
・蔓薔薇人形館さま
・サーニットなどの動物人形を作られているキキさま


リンクのところから飛んでみてくださいなー。
少しリンクを整理させていただきまして、猫と人形とDF関連が残っている感じです。

6/21.22に浜松町の東京都産業貿易センターにて行われる

ドールワールドフェスティバル2014

に皆様ご出展されるそうで、客としてのんび~り見られることをとても楽しみにしております。
ドールアイも買いたいなぁ…! 
私はまだ行ったことがないのでどんな感じか知らないのです。

当日旦那が家にいてくれたら本当にゆっくり出来るのだけれど…。
今年のサラ家は大変なのです、いろいろと。
あと数年の辛抱だびょん←津軽弁
きっと来年には少し楽になっているはずだ…。


先日、ホシノ・リコさまの個展におじゃましたとき、
「私、油彩のやり方がわからなくて…」
とつぶやいたところ、迷っている場合じゃないわよ!とホシノさまにいわれました。

私は、油彩は独学で吉田式にほぼ右習えです。
本当にわからないのがスプレーガンの使い方。
大竹先生からは刷毛塗りしか教わらず、アートファクトリーでは塗装スペースがないのでやらないまま。
いつも濃度がこってりしてしまうので、スプレーガン自体もあまり良くないのかなと思っていたり。

モデリングキャストで油彩仕上げがうまくいかない場合は、私、ピグマリオンへ行きます!!

先日、ピグマリオンに問い合わせて、金曜日なら空きがあるといわれました。
「人形を作ったことがあるのですか?」
「10年以上は作っているんですが…」
「あらっ」←
吉田先生、その相槌近所のおばさまみたいです…!
先生はそんなキャラだったんデスカ!? ←チャーミングな方だなぁという意味です
以前お会いしたときは怖そうだなぁと思ったのですが、噂では全然怖い方ではなさそう。

今年は家計も厳しいわが家ですが、ボーナス使ってピグマリオンに行くかもしれません。
一応、自分なりに試してみてから…のほうが良いのか、さっさと習いに行ったほうが良いのか。
悩むところです。
2014.05.26 03:40|人形のおはなし
今日のブログは
人形展『Eos』 雨沢聖/江村あるめ/神宮字光/ヒラノネム/土谷寛枇/槙宮サイ
山吉由利子×菊地拓史 展「W —遠い声—」
中川多理 個展「イヴの肋骨」

という見ごたえのある人形の展示が開催されたパラボリカ・ビスさんでの感想やら瑣末ごと、自分のためのメモ書きです。

EOS展
土谷寛枇さまの男の子(黒柘榴)が気に入りました。髪の毛が麻でできた少女も印象的で素敵でした。
コーディネーターの方が在廊していらっしゃり、個々の作品の説明を楽しく聞いているうちに、質問をば。

「私はこれが気に入ったのに、他の作品のほうが値段が高いのは何故ですか」(購入する側としては、自分が選んだものの価値が低いの?という疑問があるではないですか。そういう単純な理由です)
・作家の販売歴が長くなるほど、値段は上がってゆく
・一度つけた値段帯は下げられない
・価格の付け方は作家さんそれぞれ違い、思い入れの違いや手間によって値段をつけている作家さんもいる

「ビスクドールで58cmは大きいですか」
個人的な意見ですが、と前置きして
・ビスクドールは50cm台が主流と考える。それより小さいとおもちゃ的になってくるし、大きいと重い

「モデリングキャストはどうでしょう」
・モデリングキャスト(以下MC)を使う作家さんも多い。MCならではの硬質な質感や強度(※)を利用する作品を作る方もいる
・モデリングキャストを抜くときのゆがみをそのまま作品として反映する方もいる
・指などは、抜いた後の柔らかい状態でちょうどいい硬さのときに曲げる等もできる(これいいね…!グーに出来るじゃないですか。ビスクでは出来ない指の形もあるので)

「自分の人形の値段の付け方がわからないのですが…」
・よく言うのは、10万円からスタートすること。あまり低い価格からスタートすると後が大変なので。10万円で販売できる作品が作れるようになったら販売をすると良い(これは納得。10万円で売れるまでじっくり製作して展示していきましょう、と思った)
・ビスクは穴が空いたりロスは多い。B級品などは売らず、きちんとした完成品で

「販売後のメンテナンスはどういう感じですか」
・手が壊れて修理に出したら、色がそこだけ変わるので両腕全部交換ということがあった
・壊れてもメンテナンスはしないという作家さんもいる
・モールドは保存が難しいので、油土原型を保存しておくのが良い(うそー!)

※MCの強度を生かすって?と思ったら、中川多理さんの展示にひじ関節がビス止めなものがあり、おそらくそれかと思われます。

山吉由利子さんの展示
ボディーが革張り、関節が木の球のものがあり、経年で味のある色になっていて気に入りました。私も作りたい…!
山吉先生は、顔を作るのがお好きだそうで、顔を作ると満足するので、ボディーは仕方なく作る方なんです、とコーディネーターさんが。ちょっと素敵な先生…私共感しちゃうんですけれど。
コンポジションという既製品のボディーを使い顔をそのボディーにあわせた作品や、デッサン用の木でできた手を付けたボディーなど、遊び心のある人形を作られていて、とても気に入りました。

中川多理さんの作品も好きなのですが、時間がなくなってサーっと見るだけになってしまいました、もったいない。お顔が可愛くてボディーがオブジェ的なので三浦悦子さんを思い出しました。

コーディネーターさんのおかげで楽しい時間でした。が、子供のいる身では時間がなく、急いで銀座へ向かうことに。
貴重なお話を沢山聞いて、この時点でおなかいっぱい夢いっぱいな私でしたが、この後、ホシノリコさんの個展でさらに頭がパンパンになるのです。が、その話しはまた後日…。

2014.05.23 19:12|制作日誌
デザインフェスタでは、いろんな方から自分の人形についてご意見をいただきました。

……

…… ……

私、人形について評価していただくことに慣れていないということに気付きました!!

三日間くらい興奮状態で眠れず食べられず、情けないったら(苦笑)

こういう場に慣れていくしかありません。徐々にいろんな場に出していこうと思っています。
自分が作りたいものを少しずつ作れるようになってきたので、ひたすら地道に作ります。
どうぞよろしくお願いします。


今度作るものは、6頭身ほどの少女。出来上がりサイズは50cmほど。
先日、パラボリカ・ビスの「Eos展」を見に行ったのですが、コーディネーターさんとサイズの話に至り、ビスクでは50cm台がメインとおっしゃっていました。先日の双子は58cmで、大きすぎる気がしていましたが、お手ごろなサイズと言われたのでちょっと自信が出た気がしました。ほんのりと、ですが。
サイズについては、購入する方の好みや、作家さん自身のサイズ感に合ったものであればどういう大きさでも良いという話にもなりましたのであしからず!

自分が欲しい人形は、アンティークドールの「A・T」(アーテー)のような抱き人形系です。顔の表情がしっかりと見えるサイズを求めてしまうので、私としては50cmで6頭身でも小さいと思います。
でも、あまり頭でっかちも何ですよねヾ(- -;)
これからも、良い縮尺率を求めて試行錯誤を続けていくことになるでしょう。

早く自分らしいサイズ感が決まるといいな…!!

ってのは、具体的な目標でなかなかよろしいんじゃないでしょうか(笑)

do01.jpg
足を作る。参考資料一切見ずにここまで出来るようになりました。
でも、足に対してボディーが短いので、腹部球を入れるときに1~2cm長くすることに…。

do02.jpg
腹部球入れたら大きすぎた!
いつもは楕円形を入れるので、全球を入れたらどうなるかなーというチャレンジしてみた結果、失敗(汗)

do03.jpg
発砲球を入れて、球との繋がりを油土原型の時点でチェック。
ピグマリオンでは油土をやらないと聞いたけど、ラドールで球の修正をするのは大変なんです。
下手だから、絶対に修正しちゃうんです…!
油土だといろいろ実験できて楽しい。

おまけ
do04.jpg
今日の空気は気持ちよか~♪
割れ目にぴったりのココ、一時間くらいこのポーズで寝ていました。


先日はそのEos展、そしてホシノリコ様の個展におじゃまして、とても貴重なお話をしてきました。
次回のブログでは、そのとき聞いた話を書きたいです!
それに連動してモデリングキャスト関連のお話も!

書きたいことが溜まってますが、とりあえず明日の運動会がんばります…。運動会は消耗するのよぉ…。
2014.05.19 01:38|デザインフェスタ
デザインフェスタ39、無事に終了しました。
ブースに来ていただいた方々、そして出展者の方々、本当にありがとうございました!!

毎日ひとりで篭って作っている私には、どの方のお話も貴重でした。
お話してくださった方々、みなさん覚えてます!またどこかで見かけたらぜひ声掛けてくださいね。
df01_20140519024827bf6.jpg
今回のブースはこのような感じでした。友人のアクセサリーも販売していました。

※反省
展示はなるべく手前に。そしてテーブルを借りればよかった。

自前の棚を持参したら、搬出に1時間もかかってしまいました( ̄Д ̄;)
今回は特に、家族の手伝いもなく(旦那が下記の海外出張にいきやがったので!)ぼっちでの参加でしたので、正直かなり不安でした。幸いなことに、お隣の猫眼薬局さんのブースの方がとても気さくな方ばかりで、同ジャンルでしたので本当に助けられました。しかも猫眼薬局さんは3人の共同出展でしたが、どの方もレベルが高くて目の保養!すっごい売れてた!

※私のブースの様子
思った以上に気に入ってくださる方が多く、私のほうがびっくりしました。
人形をひと目見て「わーっ」と歓声をあげる方がいたり、ひっそりと見て名刺を持ち帰ってくださった方、私がフライヤーを押し付けた方(必死ですみません・汗)、いろいろでした。
中でも、人形の購入を考えてくださった方が3名と、友人が気に入るかもしれないから画像を~と言ってくださった方が1名いらっしゃったのがとても励みになりました。
次回の出展予定は、ブログやツイッターで必ずお知らせしますね♪
ちなみに、まだどちらも売れていません。どちらがより人気ということもなさそうです。
この双子には、あと2.3洋服を作ってみたいなと思っています。雰囲気がガラッと変わりそうヽ(*^^*)ノ

df03.jpg
はじめて作ったビスクドールは非売品。触れてもOKにしたのでいろんな方が抱っこしていきました。重さはSDとそれほど変わらないとか!? SDって重いんですね。

人形を売るならドールファンタジーやドルフェスをお勧めされました。どちらも行ってみようと思っています。

通りすがりのスチームパンクファッションの男性、絵を描いていらっしゃるのをスマホで見せてもらったのですが、pixivなどやっていないかしら…もっとちゃんと見たかったので、もしブログを読んでいらっしゃったらアカウント教えてくださいー! プロの絵でしたよ…。私はイラスト大好きなので(描けないけど)、スチームパンク系のイラストもけっこうチェックしています。

ツイッターでフォローさせていただいた、とても素敵な作品を作られていらっしゃるKano様から、テーマ性のある個展についてお話をいただきました。こんな私でいいですか!? 機会があればぜひぜひ企画展に参加させていただきます。もう次の作品作り始めましたので、製作ペース上げていきますよーっ。
共同出展されていた楽曲製作の方の名刺、なくしたので今度どこかでいただきます…(ノ_・、)

パジコの木村社長が、ラクッコピコりんさん(パジコの賞を受賞された作家様)のお人形がお隣ブースにあったついでに、私のブースにも来てくれました。私はパジコの造形教室の生徒ですし去年のデザフェスでもちょっとお話したのですが、覚えていてくださると思っていなかったのでびっくり。しかも人形をかなり褒めてくれました。すっごい嬉しかったですありがとうございます、テンション上がりすぎていまだにご飯があまり喉を通らず…。
そして、モデリングキャスト(流し込むタイプの粘土の名前)を超オススメされました。これは一昨昨日ラクッコピコりんさんとツイッターでお話して気付いていたのですが、社長はキャストを押したいんですね…そうなんですね!そういえば去年もオススメされた記憶が…でもピコりんさんとお話するまですっかり忘れていたんですけれど。

その後、お隣ブースで世界最小ビスクドールを作られるミロンさんとモデリングキャスト討論会を開きまして、なんだかミロンさんとすっかり意気投合(笑)そして私は、キャストの良い使い方を伝授していただき、明日にでも発注してみようと思っています。キャストデビューしますよ社長!

ミロンさんはルーペ越しに人形を覗いて製作されるそうで、ミクロの世界だそうです。一ミリなんてめちゃくちゃ大きいよね。Kanoさんといいミロンさんといい…私には目が回りそうな緻密さで作品を作っていらっしゃいます。二人とも外科医になれると思う。

そして、すぐお隣でグラスアイを安く販売していたり、とっても可愛いサーニットの人形を製作されているキキ様。これはお金があったらいくらでも欲しかった…。合間合間にお喋りもしていただき、本当にお世話になりました。もう私は頭が上がりません(苦笑)

お隣で王冠を売っていたAnnie'sさん、夫婦で仲良く素敵アイテムを売っている姿は、まるで平和の伝道師…! Annie'sさんは、普段は小さなお人形やブライスのお洋服などを作っているそうです。私も王冠かぶりました。ぜひガッツ王子(Eテレのできたできたに出てくる)もチェックしてみて欲しいです。多分素材が似てる…

そして、私のブースのちょうど裏にいらっしゃったnanacoさん。可愛い方でした、最後に挨拶に来てくださって、可愛いんだけど!困ったときはお互い様、また出展でお会いできるといいですね。私はnanakoさんのような彩色が好きなので、すごく良いなと思いました。ボディーの雰囲気もあって素敵です。


その他、韓国ドールのお話だとかいろんな話しで盛り上がり、私はいまだ興奮冷めやらず…。作品を売る、ということも初めてだったのでバタバタしましたが、次回からはもうちょっとスムーズに出来るといいな。
この次の展示予定がまだ未定ですが、決まっているのは、来年1月に福島開催「ドールアート展」というコンクールに出展することです。その他はブログやツイッターで順次お知らせしたいと思います。

人形のご相談、その他感想や連絡などありましたら、お気軽にツイッター(sarahdoll)、もしくはメール: clispino☆yahoo.co.jp(☆を@に変更)までご連絡ください\(^▽^)/

※追記
何か忘れていると思ったら、一番最初に人形の洋服を作っていらっしゃる方がいらっしゃいましたのよ!!
お洋服の雰囲気などぜひ見させてくださいぃ。お気軽にメールしてくださいねー♪





2014.05.15 22:51|デザインフェスタ
デザインフェスタまであと二日になりました。画像をアップしておきます。

g01.jpg
今回は、同じモールドから抜いた双子のビスクドール。髪はモヘア、グラスアイ、オールビスクの58cm。顔は二人でかなり変えています。チークは薄め、現代の普通の大人使用のお化粧を心がけました。服はスチームパンク系。ゴスロリ系の型紙で素材をハードに変えて作っています。

g02.jpg
ボディーは大人仕様で、6~7等身。良い写真が撮れなかったので、実物を見ていただけると嬉しい…。

g03.jpg
「私たち、まだイマイチらしいわよ」 
「まつげ付いてないからじゃない?」
「えっマジ!? 早く付けなさいよ作者!」

そんな感じ…(汗)

今日はワイヤーアートも仕上げて、これはイメージ通りに出来たので満足です。

まだまだ初心者でいろいろと不備はあるかと思いますが、一生懸命作ったものを展示させていただくので、来られる方がいらっしゃったらぜひ楽しんでいってくださいね。 

ちなみに、お人形も販売します。
オールビスクのわりには破格のお値段になると思いますので、気になる方はチェックしてみてください。
2014.05.14 12:30|にゃー(日々のつぶやき)
旦那がオーストリアに出張中です。

gratu02.jpg
オーストリアの中で二番目に大きい「グラーツ」という街です。

いいなぁ…私もいきたいよぉ。。

私は時間がなくて死にそうです。
今日人形立てを作ってるんですよ、ふははは。
瀕死です。
午後は長女さんを連れて学校へ行ってきます。
ひとりで登校してくれたら嬉しいんだけどなぁ…。
2014.05.12 22:46|制作日誌
今日は、来週からはじまる人形作家ホシノリコ様の個展のご案内。

img009_rs.jpg

デザフェスが終わった翌日から、ホシノさんの個展がアモーレ銀座ギャラリーにて開幕。
いまからとても楽しみにしている個展です。

ホシノさんの作品は、福島のドールアート展で大賞を受賞されているのを見たのが最初です。
透明感のある綺麗な彩色の固定ポーズ人形で、こういうのは自分には絶対に作れないなーなんて思っておりました。
何より、人形という分野でテーマの見える作品作りをされる技量は貴重ですよね。
そんな方の個展でございます、必見デス!

ツイッターでも、なんやかんや絡んでくれるとっても楽しいホシノ様。
個展でお会いできるといいなーと個人的に思っております。

ちなみに、けっこう近所に住んでいらっしゃるみたいです。
私的にはそこも嬉しい。


ホシノさんのブログはこちら


2014.05.08 20:42|制作日誌
今日も作業中。

f1.jpg
ぶりぶりな服。

f2.jpg
この靴、半日で製作…仮縫いのつもりが大丈夫だった。ヤマ勘で型紙作成!

f3.jpg
コルセット迷走→ボツ(涙) この皮の感じもいけてない。

f4.jpg
予定は未定。もうひとりに着せようと思っていた生地でこっちの人の服を作る。
ちょっとイメージに一歩足りず…。

いま作っている服を説明するに。
スチームパンク10% ネオヴィクトリア風40% 趣味50% くらいでしょうか。
どんどんマイワールドになってきて、ここまで作っても何を目指しているのかよくわかりません。
とにかく頭の中にある今回やりたいことを消化するのみです(汗)


2014.05.05 23:49|制作日誌
一番手のかかるブラウス作り。
ブラウスを作ったら、気持ち的には四分の一くらいは終わった気になれる(実際はまだまだだけど)

e1_20140505234148eae.jpg
豪華だけどいまいち使いどころのなかったレースを袖に縫い付けてみる。

e2_201405052341494da.jpg
こんな感じのブラウスができました。縫い物がちょっぴり上達した気がする!

e3_201405052341513da.jpg
首のみかえしに接着芯を貼りました!←偉そう(笑) 基本ですかね…
でも、肩も浮いてないしいい感じかなーと!!

これに、このモスグリーンのスカートと、皮のコルセットがつきます。
去年使用したゴスロリ本がまた大活躍!!
裁縫の本は資料としてけっこう買い込んでます。
詳しくはまた後日…。
2014.05.04 20:17|制作日誌
作業日誌。

今日は繋いだのでお洋服なしです…限定公開(?)です。

e2.jpg
とりあえず繋いで自立させてみたら、しっかりと立ちました。
でもちょっとゴムがゆるかったかしら!?この辺りの加減はまだ難しい。

e1.jpg
足…ふくらはぎの外側の張り、もうちょっと出せばよかったな。

大きさは58cmです。いつも60cm超えてたので今回は小さいなーと(笑)

e3.jpg
ブラウスを作ります。この辺り、もう不安しかない!
一度試作して修正した型紙なんだけど、それでも不安しかな~い!!
あと13日なのよ、プレッシャーで乗り切るわ(笑)


2014.05.03 18:49|制作日誌
今日も作業日誌!
ちなみに、長女が昨日溶蓮菌で高熱になり、私も喉痛と頭痛に襲われている…。

d1.jpg
おかっぱちゃんラップの中からこんにちは。少し爆発はおさまった。

d2.jpg
ビスク同士がこすれる部分にセーム皮という手触りの良い皮を貼っていく。この作業けっこう好き。

d3.jpg
こんな感じ。

d4.jpg
手と足にワイヤーのフックを入れます。ここからゴムひもでひっぱって繋ぎます。
今日の作業はここまで。乾かしてから明日繋ぐ予定。

おまけ。
d5.jpg
浅草橋でレースや皮をしこたま買ってきました。
勢いでこんな帽子を作ったー! 「スチームパンク風レザーハット」
これは、ボークスのSDもかぶれるんじゃないかしら。ドルフェスなら売れたわね…!!

2014.05.02 07:55|制作日誌
五月に入りましたね。
最近モチベーションが低いまま← 淡々と作っている日々。
何が出来上がるのか私もわからないまま作業は進行中。


ph01.jpg
ビスクのヘッドに蓋をし、布を張ってえのぐで彩色します。

ph03.jpg
毎回恒例の落ち武者♪

ph02.jpg
同時に、二体目のボディーの彩色、窯入れもまだしてる(涙)余裕ぶっこいたせいね。

ph04.jpg
あたま爆発。

ph05.jpg
写真でもビスクらしい質感。

ddd03.jpg
デザインフェスタまでには完成するだろう。左の子、モヘアのショートカットの子を作りたい願望があったのでやってみたのですが、質感が意外とごわごわするなぁー広がりをどうやっておさえるべきか。とりあえずラップ巻いておいてます。

この人達に洋服をいっぱい作りたくなりました。
ビスクドールで着せ替え人形って、考えてみたら豪華だよね♪
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。