--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.25 09:00|にゃー(日々のつぶやき)
なんとなく最近思うことについて、ふらふらと記述したいと思います。

先日、10歳になる娘の1/2成人式なるものがありました。最近はこんな行事があるんですよね。
「20歳の半分 今日はぼくたちの記念日~♪」
なんて歌を合唱します。母は落涙の行事ですよ!!

と思っていたのですが、いざ学校で子供達の顔を見たら、そんなに晴れやかな顔じゃないんです(笑)
私は成人式に参加しなかったのでテレビでしか見たことがないのですが、20歳は「酒が飲める!」とか具体的に祝いモードですよね。
反面、思春期真っ只中の小学校4年生にとっての10歳の振り返り…必要でしょうかね(笑)

というのも、式を見ていて子供達の「やらされている感」が伝わってきたからです。
うちの子は日々、学校へ行けない辛さを抱えていますが、表情はもっと生き生きしてます。
無表情に、「生まれてきて良かったな~♪」とは歌えないくらい生き辛いし、その反面感謝も感じていると思います。
次女は式にどうにか参加し、「前のほうで見てるママが泣いてたからもらい泣きしちゃった」と言っていました。

学校へ行くのは当然大切なことですが、世の中にこんなに不登校の子が多い理由は絶対にあると思います。
こんなに先生も生徒も頑張って行事するくらいなら、個人個人を大事にのんびり学校生活させてあげれば良いじゃないの。
と暢気な私は思うのです。

子供と一緒にいると、自然と会話が増えます。無視したくなるようなときも沢山あるけれど、なるべく話を聞くようにしています。
きっと、もう少し大人になったら反抗期になって親に本音なんて言わなくなるし、聞く耳を持たなくなるんでしょう。

先日読んだ本に「不登校の親のための 10のアドバイス」というのが載っていました。
すばらしいのでちょっと抜粋で書かせていただきます
・子どもと沢山会話する
・子どもが自分の気持ちを表現できるように配慮する
・「子どもは疲れているときは休養が必要」と覚えておく
・つねに事実や情報を伝え、子ども自身に選ばせる
・親の気持ちをできるだけ伝える(説教はしない)
 
    堀内祐子 柴田美恵子著 「発達障害の子が働くおとなになるヒント」(ぶどう社)より 一部抜粋

親の気持ちを伝える、ということはびっくりしました。子供にとっては重くなっちゃうかなぁと思ったのですが、考えてみたら伝え方は沢山あるし、自分も楽。そして、会話もけっこう深い話が出来たりするようになりました。
そいういことを踏まえて、いままでの子育てや社会通念みたいなものを振り返ると、いろいろとちぐはぐだと感じることが多いのです。
小学生の頃から塾へ行かせる人は多いと思いますが、親自身がしっかりとした目標もなく行かせている方が周囲に沢山います。そして当然、お金がかかるからパートに出ます。働いたお金は塾代ですよね…。
会話する時間、あるのかなぁ。

欧米で塾へ行くのはあまり耳にしないと思って調べてみたら、やっぱりこんな風に塾へ行かせて進学する風潮はなさそうです。塾へ行って人間性が育つんだったらいいけど…。明確な目標があって親子ともども納得して、そして不合格でも努力を褒めて認められれば良いと思います。「他の道もあるけれど、自分がこうしたいからやっている」なんて中学校受験で思える子供がいたら見てみたいものだけど…、まだまだ親がフォローすべき時期かなと思います。

不登校になって、見えなかったものが沢山見えてきたなぁとつくづく思います。
私が不勉強だったせいもあると思いますが、小学生になると子育ては少し手を離れるし、離していかなければならないとも言われます。そうしてなんとなく子育てが楽になって開放されたような気がしていたんです。でも、子供達の具合が悪くなって生活は一変しました。子供が何を考えているのかわからなかったし、可愛いと思いつつも自分の時間とのやりくりが出来なくなって多少煩わしいという思いもあったと思います。
パートを辞めて、子供につきっきりになってしまうと、これまたうまく行かない。せっかくだからと、人形制作を本格的に再開して作家を目指したことは本当に良い選択だったと思います。本気でやっていたら自然と理解してくれる方も多いですし、私自身の時間が取れますし、子供達のそばにいて見守ることが出来ます。
子供にしても、ママの作品が売れたらしい…、ママは何やら必死に毎日やっている、と一目置いてくれます。私も「失敗したーっ」「うまくいかないーっ」と叫びつつ、楽しく作業をしています。

何が大事かは子供自身が決める。
そんな簡単なことを、私は忘れていました。
「みんな、自分が生きるための力を持って生まれてきている」
ということを親が信じられるようになったら、不登校なんてそんなに大した問題ではないのだと思うようになるのかもしれません。
そうなるまで、子供と会話し続ければ良いのだし、会話が難しいなら一緒に運動したり、何かを作ったりしたら良いんだと思います。



※堀内祐子さんの本は「発達障害の子とハッピーに暮らすヒント」(ぶどう社)もすばらしい本でした
  4人の発達障害のお子さんを育てているお母さんが書いた本です





スポンサーサイト
2015.02.22 22:17|イベント
今日は今後の予定などをご案内させていただきます。
いずれも藤本更紗という作家名で出展しています。

●全国創作人形コンクール(福島ドールアート展2015と同時開催)
3/7(土) ~ 3/14(土) 福島駅から徒歩5分ほど、A・O・Zの最上階にて開催

こちらのタイトルは 「ソラヲトブユメ」 というもので、モチーフはオウムです。
とてもカラフルな衣装の作品なので楽しいのではないでしょうか。
エルフ耳の少女(石塑粘土、油彩仕上げ)が空を見上げている、でしょう多分…。
(自分で触れないので、公募展の展示は運任せです)

●3/16(月) ~ 3/23(月) 
谷中ふらここさん(雑貨店)にて「春宵人形店」開催(これがタイトルだと思うんだ…!)
場所は…
東京メトロ千代田線・JR山手線・舎人ライナー「西日暮里」駅より徒歩5分
JR山手線・京成線・舎人ライナー「日暮里」駅より“谷中銀座”を通り徒歩8分
東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩8分
よぉわからん!ということで、リンクを貼っておきます。
アートギャルリ谷中ふらここ

羊毛フェルト作家のコン・デク・レンさんがこちらの一週間店長をされるということで、二階の展示スペースにチビさんをひとり展示させていただけることになりました。
テーマは「魔法使いの部屋」 おお…想像するだけで可愛いではないですか!私はさておき、人形作家さん10名の参加ということで楽しいスペースになると思います♪
私はいろんなものが宙に浮いてる部屋を作ろうかなと思います。服はアゾンさんで買うだけでOKです(笑)

●5/26(火) ~ 5/31(日) 第5回 グループWA展示会
銀座教会 東京福音会センター  ギャラリーエルピス
場所は、有楽町駅から徒歩5分ほどと立地も良く、広いスペースと大きな窓のあるギャラリーです。 
私の通っている神保町にあるアートファクトリーの教室展(有志参加)となっております。
以前から展示してみたかったので、いろいろ無理を言ってしまいましたが出られることになりました。
横幅180センチのスペースなので沢山飾れると思います。
大きい人形最低二つと、チビさん達もニギニギしく展示しますのでお楽しみに。
教室の仲間達はあまりツイッターなどをしていないのですが、皆さん個性的で上手いので見ごたえあります。
私は最終日近くの金~日で受付のお当番に入る予定でおりますので、ぜひ声掛けてくだされ…どきどき…。

というわけで、まだ未定な部分はございますがこの春の展示予定でした。
またDM等出来次第、告知させていただきます('-'*)


 

2015.02.19 20:04|作品
最近、アゾンさんを知った私は秋葉原店へお買い物へ行ってきました。
わが家の21センチのビスクさんにピッタリサイズの服があり、いろいろとお試しで購入しました。

スマホの写真なので画質が悪くてすみません。



まず着せてみたのがこのワンピース。
azoneのピュアニーモという1/6サイズシリーズのXS用(りかちゃん相等のサイズ)の服。
襟元もとても凝っているデザインで、着た感じもフィットしています。


紫苑も着替えてロリータ風のドレスを。
これは実物を見ると襟元のピンタック、首のギャザーともにすごく細かく、完璧です!
こんなに凝った洋服がこの値段…と、私は大興奮でした。
このドレスは色違いであと二色ありまして…。
どれも捨て難いお色です。二人セットで展示したいなと思って、頑張って中身(人形)作っています。

この子達は、5/26~31に銀座ギャラリーエルピスにて展示予定です。
教室展なので、アートファクトリーの生徒仲間の作品も多数展示される予定ですので、ぜひ見に来てくださいね\(^▽^)/




2015.02.12 08:01|制作日誌
まず最初にお詫び。
リンクの追加をさせていただいたのですが、お名前を訂正しました。
なんだか…気付いたらめっちゃ呼び捨てになっていました、失礼いたしました。

今日は思いつき創作日記♪

小学六年生の教材で液体ねんどを使うらしいです。
なんだろうこれは?
娘が使わずに持ち帰ったので私が試すことに。


色を混ぜて、発泡スチロールの土台に筆で塗る。


さらに適当に色を足して塗る!


切り株の出来上がり(笑) まだちょっと色がぼやけているので、仕上げをしたりコケを付ける予定。
とりあえずこんな風にも使えるかもー♪ ということで。
発砲スチロールに紙粘土が付きにくいので、これを塗ってから造型するのも良いかと思いました!
乾燥させてみたら、想像通り薄く水に溶いた紙粘土ってところかな!?

ちなみに、子供達は綿や紐を組み合わせて真っ白な作品を作っていました。
スキー場とリフト、みたいな感じでしょうかヽ(*^^*)ノ










2015.02.10 20:43|イベント
何となく噂に聞いていたワンダーフェスティバル、通称ワンフェス。
家から近いし、当日版権制度ってなんだろう、という興味でつい足を運びました。
結果、すっごく楽しかったですよー!


企業ブースにあったレッドブルの飛行機


そんなわけで、今日のブログはワンダーフェスティバル初心者の感想。

・見たことないけど可愛いキャラクターもいっぱいいた
・ロボット系がほぼほぼ全部ガ○ダムと同じに見える私は、あまりそっち系のセンスなし…
・人間の造型が上手なのが楽しい。フィギュアは服も全部作るのすごいなー!
・アゾンさんはスバラシイ

私が知っているアニメやゲームのタイトル、マドマギ、アイマス、艦コレ、アルドノア・ゼロ、黒執事、IS、とか…?
進撃の巨人は見かけなかったです。
去年は進撃祭りだったようですが、今年はこれといって流行はなかったと思います。

蔓薔薇人形館のミノルさんが出店されていたので、ブースにおじゃましてちょろっとお店番もさせていただきました。
(ミノルさんはリプロダクトを極めた後にオリジナルビスクドールを作っていらっしゃる素敵な方です!)

そんな中、球体関節人形を作っていらっしゃる千亜妃さんが遊びにいらっしゃったので、ブースに遊びに行きました。
仕上げが丁寧で展示も完成されていて素晴らしかったです。
私もこんな障子とか柵とか箱が欲しい…!と、内心喉から手が出る完成度。
今回は人間と蝶の合体した作品で、前回はとかげ姫もいたとか。
すごい世界観があって楽しい作品を作っていらっしゃいます。ちなみに今回はフィギュア作品でしたよ。
作品の写真の入った名刺7種類、全部いただきました(笑)
そんな千亜妃さんのサイト「百姫夜后」はこちら
ブログからもリンクさせていただきます。

そして、顔の広いミノルさんにいろんな来客がある中、ドスカスさんの噂をしていましたらご本人がブースに遊びにいらっしゃり、私はこれまたブースに出張!
ドスカスさんは、ワンフェスに99年から出店されていらっしゃるという大ベテランで、フィギュアから入り、いまはレジン製の球体関節人形を極めていらっしゃる方。
ここでお人形の写真をお見せしたいのですが、まだメールしていないので確認してみます。
本当に良く出来ていて素晴らしいです。
顔はリアル系で、ローラ(風)やAKBのメンバー(風)の本人そっくりの顔が用意されており、ファンだったら絶対に買うデショ!というモノを作っていらっしゃいます。
そんなドスカスさんのHPはこちら。
こんな造型を売ったり作ったりできるのも、ワンフェスならではですね。
人形もいろんな可能性があるなーとしみじみ思います。

ドスカスさんに私の人形を見ていただいたのですが、サイズを1/6や1/12に合わせると良いですよ、とアドバイスを頂きました。
アゾンさんの服をとても綺麗に着こなしているドスカスさんの人形を見ると、説得力大です…!
いろいろと勉強になりました。
ちょろっとドスカスさんとは今後計画をしているので、またよろしくお願いします。
頑張って作りますよぉぉぉやる気満々!!

というわけで、リンクに千亜妃さん、ドスカスさんをリンク追加させていただきました。
ぜひぜひご覧ください。





2015.02.06 11:40|イベント
昨日に引き続き、作家仲間とのぶらり展示めぐり。
東京駅出てすぐの丸善本店で開催中のみそろぎ展を後に、お当番の月乃光さんとお別れし、ワンフェス準備の蔓薔薇人形館のミノルさんも帰り、残ったのが四人。多いです…(笑)
で、ここから神楽坂へ移動し、ガラスで出来た「何か」を見に行くらしい?
というわけで、美人な羊毛フェルト作家のコンデクレンさんに連れられて、Enさん、松原みろんさんと移動~。





※クリックで拡大します。

光鱗亭ギャラリーで開催中のガラス作品の展示を見てきました。
小さなギャラリーなのに次から次とお客様も入っていました。

とても精巧なありさんの行列…!
ちょっとリアルすぎる虫達、でもガラスの透明感が美しい。
どこか女性らしい感性を感じる虫なので、虫が苦手な私もじっくり見ることができました。

虫を持ち上げるときに、極細の触覚を持っていたことにひたすらびびりました…!
ガラスには意外と弾力性があり丈夫なんだとか。
ギャラリーのお姉さんが気さくで楽しかったです。すごく工夫された空間で、本当に展示しやすそう、使い勝手の良さそうなギャラリーでした。
木のぬくもりを感じられる雰囲気の良いギャラリーなので、どんな展示でも楽しめそう。
次回はリネンの展示だとか。また行ってみたいです。

当日は体調も微妙でしたが、行って本当に良かった。
皆さんとのちょっとした作り方のお話ももちろん、全く関係ない雑談も意外な共通点があったり、興味深いことが多くて本当に面白いんです。
いつも自宅で孤独に作ってますから、こうしてお話したり交流できるのは貴重な時間です。
作家さんはみんなそうでしょうけど…。
またのぶらり旅や展示会を楽しみに、地味な日常へ戻ったのでした。






2015.02.05 11:34|未分類

昨日、作家仲間の松原みろんさんにお声をかけていただき、丸善本店開催中のみそろぎ展へ行ってきました。

小さめの作品が多く、なかなか目にすることのなかったフィギュア系のプロから創作人形、また海外の作家さんの作品も楽しめて、とても素敵な空間でした。

私はロシアのオルガ・マートさんの作品をお持ち帰り!! (*^3^)/~☆

素敵なうさぎ天使を作業部屋に飾りテンション上がりました。
ロシアの色使いが素敵。いい香りも付いています、ほんのり甘いです…。

携帯からブログを書いてますので、今日はこの辺で♪
文字少なめを目指しますよ(笑)





01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。