--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06.17 10:05|作品
現在、第一回 全国創作人形公募展に入選しました。
「寿三郎人形館みよし」にて展示開催中です。

kurara01.jpg
「マリオネット くらら」 62cm ラドール 木のねんど
人形らしさ、マリオネットとして動かす、ということを主眼に作った作品です。


6/5~7/5
広島県三次市 辻村寿三郎人形館にて

・・・招待作家(第1会場展示)・・・
宇野亜喜良、梅原照子、川崎員奥、小牧多賀子、篠原七生
杉山秀行、高橋富子、高橋操、櫃田静子、福田朝子
松本勝子、水澄美恵子、三輪照子、文殊哩(林喜代子)
・・・展示数・・・
招待作含む232点

第1会場:辻村寿三郎人形館(入館料あり)本通り
第2会場:木綿兎(無料)上市・栄町

とありますので、私の人形は第二会場のほうに展示中でしょうか。
詳しい情報が来ておりませんが、遠いので展示をお任せしてあります。
大きな作品です、展示していただきありがとうございます。

kurara02.jpg


kurara03.jpg


kurara05.jpg

もっと楽しいポーズにしたかったのですが、地震の影響とサイズ規定があり出来ませんでした。
とても残念です。
ただ、面白いことに、雑誌に掲載されているのは全く違うポーズで、なんだかうかれた格好なのです!
誰がポージングしてくれたんでしょう、ちょっと笑ってしまいました。
亥辰舎さんが、今回展示されている人形の雑誌を発行されています、そちらの写真はここには掲載できませんが、
見られる方はぜひご覧ください。
また、私の憧れの人形作家、佐伯祐子さんも応募されていて、招待作家様の作品も素晴らしかったです。
ぜひぜひ実物をご覧ください。

今回は人形本体の造型に関してはよく出来るようになったと思いました。
課題として、衣装の制作、仕上げ、メイクのレベルアップ。
今後も同じサイズで作ろうと思っています、今後は素敵な方に衣装をお願いするつもりですし、
もっともっと可愛い美少女が出来上がりそうですので今後にご期待下さい(笑)






スポンサーサイト
2016.06.15 11:32|音楽・映画・演劇・本
おひさしぶりですにゃ~。
c01_201606151045580e6.jpg

梅雨時期に入りました、みなさまお元気でしょうか。
今日のブログは日々のどうでもいい話。
ですが一応その前に、現在人形を展示中なのでご案内させていただきます。
6/5~7/5 辻村寿三郎人形館にて。http://www.mhst.jp/jusaburo/jyusaburo_miyoshi.htm
公募展ですが、招待作家様もとても素敵なのでお近くにいらっしゃる方はぜひぜひ足をお運びくださいませ。。

ホントは公募展のブログを書くべきでしょうが、今日はちらっと。
昨日見た映画のことを書いてみたくなってます。

いろんな方が期待している映画だったので、ずっと見たいなと思っていたのですが、先にテレビ放送で見てしまいました。

「海街diary」

見終わったときに、ビーズのアクセサリーみたいだなというイメージが湧いてきました。
あまり多くを語らず、沢山あるであろう要素を説明するのではなく、役者さんの力に託してぽんぽん、と繋がれた物語。
ひとつぶひとつぶ、とても綺麗で大玉のガラスや宝石を配置して、間には鎖だけ。
鎖の空間にあるのは諍いや苦しみで、普通だったらそれをドラマにするんだろうけど、この映画はそこがすっぽりと役者さんの背後にしか見えないからかえって風景が見える。
海沿いの街の生活の風景。
生活の中に、悲しいこともあれば楽しいこともあって、美人姉妹も喧嘩して、問題児の母ちゃんが帰ってきて。
でも…、本当ならみんながそうだと思うんです。悲しいことも驚いたことも楽しい出来事も、みんな日常の一部だと思って生きてるから。
そういう風景が映画になるというのがとても素敵で、新しいなと思ったので記録しておきたくて書いてます。

こういう感じは監督さんが生み出したものなのか、それとも原作? 
少し調べてみたら、おそらく原作が持っている雰囲気なんだろうとおもわれます。

原作 吉田秋生

どっかで見た名前だなと思ったら…「BANANA FISH」の著者! うおーそうかそうか、あの漫画!!
ドラッグや戦争、ストリートギャングの抗争を描いたシビアな人間ドラマの漫画で、これがどうして少女漫画!? と思いつつ私達の世代ではとても流行りました…みんな読んでました。
あの著者ならきっと描ける世界なのでしょう。

監督の是枝裕和氏がとあるインタビューにて、「テーマは死」だと言っていました。
生と死の割合がほぼ同等。
主人公達が父親が死んだ後に父親を取り戻す話、と言ってますが…。
ネタバレですが、私としては最後にすずが「お母さんの馬鹿ー!」と叫んだときに、長女の幸がすずに共感し、子供時代の辛さがふわっと軽くなったんじゃないかと思いました。
娘にとって、父親は「異性だから」というだけでどこか許せる部分があるけど、母親との確執ほうが根が深い気がするんです…自分はそうです。だから、「お父さんの馬鹿」よりも「お母さんの馬鹿」で、泣いてしまいます。

吉田秋生さんも女性作家さんならではの、そういうシビアで温かい視線があるのかな。
そして、是枝裕和監督のキャスティングと脚本と、「役者さんを生かす力」に拍手。
またこの監督の映画を見てみたいなと思っています。
「海街diary」 原作も読まなきゃね。















05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。