スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海街diary」を見ました。

2016.06.15 11:32|音楽・映画・演劇・本
おひさしぶりですにゃ~。
c01_201606151045580e6.jpg

梅雨時期に入りました、みなさまお元気でしょうか。
今日のブログは日々のどうでもいい話。
ですが一応その前に、現在人形を展示中なのでご案内させていただきます。
6/5~7/5 辻村寿三郎人形館にて。http://www.mhst.jp/jusaburo/jyusaburo_miyoshi.htm
公募展ですが、招待作家様もとても素敵なのでお近くにいらっしゃる方はぜひぜひ足をお運びくださいませ。。

ホントは公募展のブログを書くべきでしょうが、今日はちらっと。
昨日見た映画のことを書いてみたくなってます。

いろんな方が期待している映画だったので、ずっと見たいなと思っていたのですが、先にテレビ放送で見てしまいました。

「海街diary」

見終わったときに、ビーズのアクセサリーみたいだなというイメージが湧いてきました。
あまり多くを語らず、沢山あるであろう要素を説明するのではなく、役者さんの力に託してぽんぽん、と繋がれた物語。
ひとつぶひとつぶ、とても綺麗で大玉のガラスや宝石を配置して、間には鎖だけ。
鎖の空間にあるのは諍いや苦しみで、普通だったらそれをドラマにするんだろうけど、この映画はそこがすっぽりと役者さんの背後にしか見えないからかえって風景が見える。
海沿いの街の生活の風景。
生活の中に、悲しいこともあれば楽しいこともあって、美人姉妹も喧嘩して、問題児の母ちゃんが帰ってきて。
でも…、本当ならみんながそうだと思うんです。悲しいことも驚いたことも楽しい出来事も、みんな日常の一部だと思って生きてるから。
そういう風景が映画になるというのがとても素敵で、新しいなと思ったので記録しておきたくて書いてます。

こういう感じは監督さんが生み出したものなのか、それとも原作? 
少し調べてみたら、おそらく原作が持っている雰囲気なんだろうとおもわれます。

原作 吉田秋生

どっかで見た名前だなと思ったら…「BANANA FISH」の著者! うおーそうかそうか、あの漫画!!
ドラッグや戦争、ストリートギャングの抗争を描いたシビアな人間ドラマの漫画で、これがどうして少女漫画!? と思いつつ私達の世代ではとても流行りました…みんな読んでました。
あの著者ならきっと描ける世界なのでしょう。

監督の是枝裕和氏がとあるインタビューにて、「テーマは死」だと言っていました。
生と死の割合がほぼ同等。
主人公達が父親が死んだ後に父親を取り戻す話、と言ってますが…。
ネタバレですが、私としては最後にすずが「お母さんの馬鹿ー!」と叫んだときに、長女の幸がすずに共感し、子供時代の辛さがふわっと軽くなったんじゃないかと思いました。
娘にとって、父親は「異性だから」というだけでどこか許せる部分があるけど、母親との確執ほうが根が深い気がするんです…自分はそうです。だから、「お父さんの馬鹿」よりも「お母さんの馬鹿」で、泣いてしまいます。

吉田秋生さんも女性作家さんならではの、そういうシビアで温かい視線があるのかな。
そして、是枝裕和監督のキャスティングと脚本と、「役者さんを生かす力」に拍手。
またこの監督の映画を見てみたいなと思っています。
「海街diary」 原作も読まなきゃね。















スポンサーサイト

コメント

吉田秋生さん

ご無沙汰しております、大江です。
風街ダイアリーということで書かずにいられなくてコメントします。
実は大江は映画も原作も見ていません。
映画の予告編と書店に積まれた吉田秋生さんの原作本のチラ見だけです。
ドラマチックな展開も可能なのに淡々とした日常が描かれる…
これはやはり吉田秋生さんの世界なのでしょう。
更紗さんも読まれたBANANA FISH,吉祥天女、YASHA-夜叉、など、息もつかせぬストーリー展開に夢中になって読んだものです。
ただそれらとは別に淡々とした日常が描かれて、物語が進んでいくものも多くありそれらも吉田秋生さんの作品の特徴でもあります。
ふるくは河よりも長くゆるやかにや夢みる頃をすぎても、など、櫻の園では描かれる女学校の残酷なまでのリアルさに驚いたものです。
吉田秋生さんは私と同世代なので周り中で夢中になって読んだ記憶があります。
男が本屋の店先で別冊少女コミックを読むのはキツかったので(我慢できずに何度かしましたが…)単行本が出てから読むようにしていました。
もし読まれていない作品があれば全部お勧めですのでぜひ読んでください。
また櫻の園はもちろん、吉祥天女やYASHA-夜叉も映画やドラマ化されています。

更紗さんの作品が広島で展示されているということ、大きな仔のようでぜひ見たいのですが、いつか東京での展示もよろしくお願いします。
友人の尾花智子さんも広島で展示されているということで、広島旅行の記事がブログに載っていましたが、展示自体の記事はなかったもので…

新作の原型さんとても素敵な表情で北欧系の顔ををしていますね。
作品になるのが楽しみです。

長文のコメントで失礼いたしました。

Re: 吉田秋生さん

大江義輝さま

こちらこそご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。大江さんから少女漫画の話が聞けるとはなんだか不思議ですが、嬉しいことです!
吉田秋生さんについては、私はBANANA FISHのみ既読なのですが他もぜひ読んでみたいと思います。
ファンの中でも海街diaryは若干異色の作風だったという話もちらほら見ましたので、その辺りも気になります。
他にも映画化した作品があったのですね。私はそれほど映画好きではないのですが、脚本や役者さんの演技に関しては見過ごせない面があり、今回の海街diaryは監督自ら脚本を書かれる方だったというのがとても良かったのではないかと思いました。
原作通りではない部分、映画のラストも、配役をうまく生かしつつ導いたエンディングだったとのことです。
ドラマとは、事件ではなく、舞台設定でもなく、淡々と営まれる日常の人々の機微であると私は思います。
そういう物語も最近話題になってきていて、とても面白い流れだなぁと思うのです。(「よつばと!」もそのような漫画なのではないでしょうか、未読なのですがざっと内容を見る限り。売り上げはトップですよね)
客観的でありつつ、細やかな心情を描かれる作家さんは、どの作品においても見所がありますよね。
最近の私は、芦原姫名子さんとろびこさんの漫画をとても面白く拝見しておりますよ!
大江さんもぜひ読んでみてください。男性でも面白いと思います。

> 男が本屋の店先で別冊少女コミックを読むのはキツかったので(我慢できずに何度かしましたが…)単行本が出てから読むようにしていました。
わかります~、昔は雑誌もコミックも立ち読みが出来たものです。私は少年漫画はドラゴンボールやあだちみつるさんの漫画等読みまくってました。

> 更紗さんの作品が広島で展示されているということ、大きな仔のようでぜひ見たいのですが、いつか東京での展示もよろしくお願いします。
はい。なんとか都内の展示のあるものに出品してみたいなと思うのですが、最近展示する以前にちゃんと作品を作ろうという意識しかなくて。
次回の展示は都内になるようになんとか…お約束は出来ないのですが(汗)

> 友人の尾花智子さんも広島で展示されているということで、広島旅行の記事がブログに載っていましたが、展示自体の記事はなかったもので…
尾花智子さんの作品、私も大好きです。広島県には昔は瀬戸内汽船星ビルがあり、22歳頃に姉と旅行で星ビルのビスクドールを見に行ったことがあります。仙台からわざわざ人形を見に来た子がいる、と大阪の星ビル支店から電話が入っており、とても良くしていただいた思い出があります。そのようなご縁で広島での展示も良いなぁと思っております。

> 新作の原型さんとても素敵な表情で北欧系の顔ををしていますね。
ありがとうございます。新作は少女漫画の影響の濃い作品です。
「リデル」はアリス・リデルではなく、内田善美さんの漫画「星の時計のriddell」のオマージュです。
表紙絵を見ると何となくイメージがわかると思います。ジャンルとしてはラファエル前派でしょうか。
イメージに近付けられるよう頑張ります。

コメントありがとうございました。

No title

丁寧なお返事ありがとうございます。
少女漫画を読んでいたというよりは吉田秋生さんが特別な存在だったような気がします。
小説家で言えば恩田陸さんや宮部みゆきさんに共通するものがあるような気がします。
映像作品では夜叉は伊藤英明さんが主演です。
海猿前の伊藤さんが好きであまり頼りにならないような役柄が好きでした。吉祥天女は鈴木杏さんが主演です。どちらも吉田秋生ファンからすれば興醒めなのでしょうが私は創る側に立つ傾向があるので結構頑張っていた感があります。
鈴木杏さんは恩田陸さんの原作NHKドラマの六番目の小夜子にも出演していますね。NHKといえばアニメですが電脳コイルも好きな作品です。主人公の少女たちに想いをはせてしまいます。
内田善美さんは断筆されて随分経つようですが作品読みたくなりますね。
私のマンガのベストスリーは
鶴田謙二 思い出エマノン
藤原カムイ 福神町綺談
宮崎駿 風の谷のナウシカ アニメージュ版1〜7巻
の三点です。
SF色が強い作品ばかりですが、鶴田謙二さんのマイベストはSprit of Wonderなのですがこちらが最初に読むには良いかと…
藤原カムイさんは昭和の近未来ワールドが広がって凄いことになってます。宮崎駿さんは言わずと知れたナウシカですが、アニメージュで連載された原作は素晴らしく枠線1つとっても定規は使わない手書きの線でその表現の姿勢に圧倒されます。映画は確か2巻ぐらいの話で、後半、哲学的で崇高な叙事詩になっていきます。
また調子にのって書きまくってしまいましたが、最近はマンガを読むこともほとんどなくなってしまいました。
この機会に少し私も探してみようかと…

追伸
連絡し忘れてしまいましたが、五能線のあきた白神にあるあきた白神体験センターは行かれたことがありますか?
ベテランのガイドさんで鈴木一郎さんという方がいらして、以前車椅子の息子がブナの植林に行った時に大変お世話になりました。世話好きのとてもいい方で季節になると美味しいリンゴを格安で送ってくれたりしてくれます。
車椅子の大江崚太といえば覚えてくれているかな?
いつかの青池の先のブナの原生林は鈴木さんに教えてもらいました。

No title

鈴木杏さんは私も好きな女優さんです。
実はあまり俳優さんの名前を覚えていなくて、杏さんは好きなので覚えてます(笑)
元々ドラマや映画を見るほうではないです。選り好みが激しいので大抵の映像や俳優さんに不満を持つタイプなんですよ…、好きと言えるものだけをブログやツイッターに書いています。

恩田陸さんに関しては、小説は面白いと思うのですが、文体を操る力がものすごい作家さんで、ストーリー展開としては実はあまり…。起承転結で言えばいつも「結」部分で「んん?」ということが多く、実写に向いているのかはよくわかりません。設定が面白いのは確かですし、人気もあるし、映像化したいのはわかるのですが。

「思い出エマノン」 …なんとなくタイトルを見たことがあるような~。
「福神町綺談」 すみません、全く知りません。SFジャンルは昔は読んでいましたが、漫画ではほぼ無いです。絵柄によってはハードルが高いかも。

「風の谷のナウシカ アニメージュ版1〜7巻」 主人が持っていたので読みました。面白いですよね、結末までしっかりと覚えています。はじめて読んだときはかなり衝撃を受けました。


青池のほうは昨年の秋の紅葉シーズンに行きました。
観光客が多くて歩きやすく、美しい池に感動しました。
でも、いかにも観光地でもありました。
白神山地は入り口が沢山ありますよね、私は最初に行った秋田県藤里町先の「緑の巨人」というブナの大木が気に入ってしまい、静寂の中で今なお元気に生きている樹齢三百年のブナに圧倒されました。
青森県側からまだ入っていないので、そちらも見てみたいと思っているところ。

旅をすると素敵な出会いがあるものですね。









非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。