--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.06.15 11:32|音楽・映画・演劇・本
おひさしぶりですにゃ~。
c01_201606151045580e6.jpg

梅雨時期に入りました、みなさまお元気でしょうか。
今日のブログは日々のどうでもいい話。
ですが一応その前に、現在人形を展示中なのでご案内させていただきます。
6/5~7/5 辻村寿三郎人形館にて。http://www.mhst.jp/jusaburo/jyusaburo_miyoshi.htm
公募展ですが、招待作家様もとても素敵なのでお近くにいらっしゃる方はぜひぜひ足をお運びくださいませ。。

ホントは公募展のブログを書くべきでしょうが、今日はちらっと。
昨日見た映画のことを書いてみたくなってます。

いろんな方が期待している映画だったので、ずっと見たいなと思っていたのですが、先にテレビ放送で見てしまいました。

「海街diary」

見終わったときに、ビーズのアクセサリーみたいだなというイメージが湧いてきました。
あまり多くを語らず、沢山あるであろう要素を説明するのではなく、役者さんの力に託してぽんぽん、と繋がれた物語。
ひとつぶひとつぶ、とても綺麗で大玉のガラスや宝石を配置して、間には鎖だけ。
鎖の空間にあるのは諍いや苦しみで、普通だったらそれをドラマにするんだろうけど、この映画はそこがすっぽりと役者さんの背後にしか見えないからかえって風景が見える。
海沿いの街の生活の風景。
生活の中に、悲しいこともあれば楽しいこともあって、美人姉妹も喧嘩して、問題児の母ちゃんが帰ってきて。
でも…、本当ならみんながそうだと思うんです。悲しいことも驚いたことも楽しい出来事も、みんな日常の一部だと思って生きてるから。
そういう風景が映画になるというのがとても素敵で、新しいなと思ったので記録しておきたくて書いてます。

こういう感じは監督さんが生み出したものなのか、それとも原作? 
少し調べてみたら、おそらく原作が持っている雰囲気なんだろうとおもわれます。

原作 吉田秋生

どっかで見た名前だなと思ったら…「BANANA FISH」の著者! うおーそうかそうか、あの漫画!!
ドラッグや戦争、ストリートギャングの抗争を描いたシビアな人間ドラマの漫画で、これがどうして少女漫画!? と思いつつ私達の世代ではとても流行りました…みんな読んでました。
あの著者ならきっと描ける世界なのでしょう。

監督の是枝裕和氏がとあるインタビューにて、「テーマは死」だと言っていました。
生と死の割合がほぼ同等。
主人公達が父親が死んだ後に父親を取り戻す話、と言ってますが…。
ネタバレですが、私としては最後にすずが「お母さんの馬鹿ー!」と叫んだときに、長女の幸がすずに共感し、子供時代の辛さがふわっと軽くなったんじゃないかと思いました。
娘にとって、父親は「異性だから」というだけでどこか許せる部分があるけど、母親との確執ほうが根が深い気がするんです…自分はそうです。だから、「お父さんの馬鹿」よりも「お母さんの馬鹿」で、泣いてしまいます。

吉田秋生さんも女性作家さんならではの、そういうシビアで温かい視線があるのかな。
そして、是枝裕和監督のキャスティングと脚本と、「役者さんを生かす力」に拍手。
またこの監督の映画を見てみたいなと思っています。
「海街diary」 原作も読まなきゃね。















2016.03.12 22:53|イベント
今週は、雑貨店「Bee」さんにて展示をしております。
bee01.jpg

クロスステッチやタティングレースを制作される吉田さんに、こちらのBeeさんを紹介していただきました。
そして出会い頭になぜか決まった二人展…!?
秋田に来てから展開が早くてびびっている私ですが、とにかく展示の機会があることがありがたいです。
bee02.jpg

Beeさんは、昨年から月に一度だけ開店する方式のお店に変更になったとのことですが、とても可愛いですし、お店は大盛況!
お近くの方はぜひぜひいらしてくださいね。
bee06.jpg

美しい風景のクロスステッチ、静かな中に手仕事の細やかさと迫力が秘められています…!
bee03.jpg

私藤本と、吉田さんの展示は今月のみですが、4月2日、3日にもショッピングセンターいとく3階の展示スペースにてまた吉田さんと展示することになっています。
そちらも、お買い物しがてら、ランチでも食べがてら、本屋さんに寄りがてら、見ていただけると嬉しいでございますヽ(*^^*)ノ
bee05.jpg

アキアカネさん。飛んでいます。
bee04.jpg






2016.02.17 21:17|にゃー(日々のつぶやき)
今日は、小学五年生の次女のおはなし。

先日、一緒にお昼ご飯を食べながらふと娘が言いました。

「ママ、心ってどこにあると思う?」
「それってさ、脳の中にあるんですよーって話?」
「ううん、ちがうよ」
「そっか。じゃあ何となく…ここ(胸のあたり)かなぁ?」
「あたしはね、身体ぜんぶだと思う。だって手をつねって痛いって思うでしょ? 痛いって思うのは心だから!!」
「おお…哲学的、それは良い考えだね」

という話をしました。次女さん、いろんなことを考えているようです。

人間全部が脳味噌で動いているという考え、私は嫌いなんですよ。
エンジェルハートじゃないけど、心臓にも記憶する細胞があるらしいですし…。
人間なんて摩訶不思議な生き物。
自分が思っているとおりに身体をコントロールできるわけじゃなし~。
かといって本能で生きていけるわけでもなく。
とっても面倒な動物だよなぁ~~、と思うわけです。

という長い前フリです!!

先週土曜日に、次女さんは「最近教科書が見えない。黒板の字も見えない!」というので眼科へ行きました。
四年生の頃に学校の視力検査の結果が悪くて眼鏡を作ったことがあるのですが、遠視の眼鏡を作りました。
最近はかけなくても見えるということで眼鏡をしていなくて、二週間ほど前から急に見えなくなったらしい。

眼科の看護師さんの検査で、矯正視力は0.2と0.04。 ものすごく悪い…。
先生がいろいろ検査してみると、眼鏡は度がほとんどなく、ほぼ伊達眼鏡だという話でした。

????

となりますよね…。
ただ、こういうよくわからないことは、3年生のときも、4年生のときにも言われたことを思い出しました。
「検査をしているうちにだんだん見えるようになるので、眼鏡をつける必要はありません」というやつ。

今回の先生は、ダイレクトに「心理的なストレスが原因です」と言いました。
赤ちゃんが生まれて、甘えたくても甘えられない長女などに多い症状みたいです。
わが家はもう赤ちゃんもいないですし、これといった原因は「スキー教室がちょっと怖い」程度(笑)

「ひょっとしたらスキー教室が怖いのかも…!!」

と眼科の先生に言ってみましたが、先生はそれ?? みたいな反応でした(^▽^;)

昨年度は体調がいろいろと悪く、頭痛、肩こり、眩暈、ぜんそくの悪化などで不登校をし、骨折が長引いて車椅子生活に嫌気も差して死にたい…と心理的に不安定になった次女のこと。
ストレスを溜めて体調が悪くなる体質だということは重々わかっています。
今年度は秋田に来てとても元気に登校しています。春は少し体調を崩すことが多かったのですが、校庭を走ったり、元気に学校生活を送っていたので、いまの時期に視力がここまで悪くなった原因はひょっとしたら寒さや疲れかもしれません。

こういう「ストレスが視力に影響する子」は女の子に多いらしく、心因性視力障害というそうです。
次女の場合、過去に何度か悪くなる波があったので、今回は眼科医の説明の「心因性」にすぐ納得がいきましたが、また何か昨年度のような大変なことになりそうで私がめちゃくちゃ不安になってしまい、保険の先生に相談してカウンセリング受けたほうがいいかな~なんて、相談してみました。
保険の先生いわく、様子を見るだけで大丈夫ですよという話。私もあまりおおごとにしたくないので、次女には
「この目薬をつければよくなるらしいぞ!!!」
とひたすら安心させ、涙と同じ成分の目薬をさしてます。プラシーボ効果ってやつですね( ̄ω ̄)

本人の目はとても健康です。近眼じゃないというのはとっても良いことです。
それでも、教科書が見えない。というのは嘘ではないです。
本人は新しい眼鏡を作ったら見えるんじゃないかと希望を持っています。
私は、お金かかるし、目薬でよくなってくれ~~~! と願っています。
だって、眼鏡かけたところで、見えるわけじゃないんですから…ε=( ̄。 ̄;)

人間は摩訶不思議な生き物です。
心と身体がどんな風に繋がっているのかは人それぞれ。
全く繋がってると思わない人だっていると思うの。
そういう人にとって、
「非科学的だ」「弱いから体調を崩すんだ」
と一刀両断しちゃうようなことが最近は多くなってきているんでしょうね。
不登校の小中学生の人数もすごく増えてきてます。みなさんどう過ごしているんでしょう。。

そうそう、次女は昨年あった宿泊体感学習での「山のぼり」が不安で、その三日前から足をくじいたように転びまくっていたことがありました。目薬をさしながら、
「山のぼりが不安だったことと転んじゃうこと、いま振り返ってみると関係あったと思う?」
と聞くと、
「うーん、ないんじゃない?」
次女はしれっと答えます。

――いやそれ絶対、山のぼりが怖かったせいだから!!(心の叫び)

子どもの心には、理屈の通じないことだらけですねぇ~~ε= (++ )










2016.02.14 23:23|にゃー(日々のつぶやき)
ブログではおひさしぶりです。
年明けてはじめての更新が2/14になってしまいました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか? 私からの遅い年賀状を受け取った方も、そうでない方も、お元気でいると良いのですが。

人形関連の今年の予定を書いてみますと…。

3月 地元雑貨店にてタティングレース、クロスステッチ等の作家さんのYさんとの二人展
4月 公募展締め切り 二つほど出す予定
   地元スーパーの展示コーナーにて展示
秋  公募展出品予定
12月  地元幼稚園で人形劇をする…かも!?

その他、お誘いいただければ何かしら展示する人形はありますので、グループ展のお誘いは年中受付中。
と、一応宣伝(笑) 
ほぼ毎日人形を作っていますが、原型から完成までは最低3ヶ月ほどかかりますので、今年は上記の予定をこなすだけでもかなり大変だと思います。

それ以前に、3月に旦那の異動は出るのか、どうなのか?
ということが全くわからないので、あくまで予定は未定です。

話は変わって。
昨年末に、「こころが叫びたがってるんだ」というオリジナルアニメーション映画を見てきました。
主人公の女の子は幼少期の体験で自分の言った何気ない言葉が災いの元になってしまい、「自分の中にある言葉は汚い」と思い込んで、言葉が出なくなってしまった子です。
人との出会いで自分の正直な言葉を歌として出すうちに、ほんとうの自分の気持ちを言葉で言えるようになる、というストーリー。
アラフォーの私は、高校生活を思い出して青春だなぁーって思う気持ちと、母親の心情を汲んで涙、涙。
それともうひとつ、人形をつくる身として感じたこともあります。
「人形作るなら、大声で叫ばないとね」とツイッターの吉田先生語録で流れてきたり、他の方が人形で自分を表現していらっしゃるのを見ますが、私はというと、人形で叫ぼうとは思わないです。

「心のままに叫んで絵になるのは10代の特権」です、きっと。

40近いおばさんが心の醜さや暗さを叫んだところで、作品として完成させたとして、自分で見ても「うっわww」となる。
それを飾る場所もなく、自分でも持て余すようなものを買おうとする人はいないでしょう。
もし作品に共鳴して購入する方はいらっしゃったとして、私はきっと、嬉しくない。
自分の叫びに共感してくれてありがとう、とは思えない。その心はきっと、いつか変化していくでしょう。
いっとき素敵に見えたものがいつのまにか色褪せて、何の価値もなくなるなんてよくあること。

言葉は形では残らないし、「叫ぶ」という行為は清清しい。

「つくる」ことはそれ自体意味のあることだし自分自身のセラピーになるのですごく良いことです。
でも作品として見たとき、それは何なのかしら。
人形は灰になるまでずっと残る。
私は文字を書くのも好きだけど、文字も人に見せられるようなものじゃない状態でもずっと残る。
きっと絵描きさんも、陶芸家さんも、みんな形が残る。
形に残るからこそ良い、というものを作れたらいいなと思うんです。
それは、受け取り手にとって良いという意味でもあります。自分の意志だけではなく、所有する方だけの満足だけではなく、
存在として良い形であってほしい、という願いです。

欲張りなのでしょうけれど、これはもう、長年作ってきて、日々どういうものを作りたいのか考えながら続けてきて見えたものなので、「理想主義じゃないそんなの」とつっこまれたところで、残念ながらおいそれとは変えられない(苦笑)

人形を作ることについて書こうとはあまり思いません。
作品で見せることが一番だと思っています。
それでも、年初なので、たまにはいいかなと思って書きます。

私の場合、人形を作ることは修行のようなものだと思っています。
苦しいからということではありません、楽しいし、自分の好きなように生きてる実感は多々あります(汗)
それでも、自分の中にあるブラックからホワイトまで、紫から赤までのスペクトルをどう見せるのかは、よくよく考えて作ろうと思っています。

人形は単なるモノ。
中身は空洞のからっぽ。
自分の感情をその空洞に入れて表現するのが人形。

という言葉を、人形を作りはじめてから18年くらいの間に多々聞いてきました。
そして、私もそう思っていた時期が長くありました。

最近は、真逆のことを考えています。
私は受け身の人形がいいんです。
叫んでいる人形よりも、あなたの想いを受け止めます、という人形のほうが素敵。
でも、自分が黙るわけじゃないんですよ。
私も喋る、あなたの声も聞こえる。
「モノ」は、人形は、いつでも相対的なもの。
そんな風に思います。

今年は公募展にいくつか出そうと思っています。
おそらく評価されないことも多いと思いますが、ここのところツイッターで毎日「こんなの作ってるよ~」と出しているうちになんだか自分はこう作ろう、と開眼したような気がするので、落選してもきっと大丈夫だろうなって思います(笑)

今年もマイペースをしっかり守ってがんばりますよー。










2015.12.17 23:22|イベント
12.13日は桜櫓館で「暮れの感謝手づくり展」に出展しました。
お越しくださった皆様、ほんとうにありがとうございます。
また宣伝してくださった方々、ツイッターのリツイートなどもありがとうございました。

・展示の様子
桜櫓館 011s
この素敵な看板はレンコさまに描いていただきました。
私のイメージを汲み取ってくださり、人形の雰囲気とも見事に調和、ものすごく感動!!
「からくり唐草人形店」開店します~♪

桜櫓館 009s
お店の看板娘。

化け猫の姫01s
子猫が人間に化けた猫ムスメ。お気に入りのネズミを従えています。

桜櫓館 021s
眠り姫二人に増えました

桜櫓館 057s
今回はこちらの部屋をまるごと展示に使わせていただきました。
ほかのブースは別の和室にあり、こちらは和洋折衷のお部屋。
とても素敵な空間をどうやって使おうか四苦八苦し、展示準備は三時間かかってしまいました。
至らないところも多々ありましたが、地元の方と沢山お話ができてとても楽しい二日間でした…。

大舘の方はビスクドールを見たことのない方が多く、原型やモールドをお見せしながら何十回と繰り返し作り方の説明をしました。
がんばりました(*`д´)b
企業ブースのようだ!

そしてそして…。

私が顔と手を制作させていただいたおじいちゃんおばあちゃんも完成しました!
ボディーはフジワラさん制作の木製、衣装小物などの仕上げもフジワラさんの手によるものです。
桜櫓館 018s
制作を依頼されたフジワラさんがとても喜んでくださり、素敵な作品に仕上げてくださいました。
自分の力だけではとうていできないことで、他の方の作品の一部になる素晴らしさは、全て独りで作り上げることとはまた違う感動がありました。

また、お客様から「表情がすばらしい」という声がとても多く、私なりに満足しています。
顔の表情にこだわった作品作りをしてきた私にとってなによりの言葉です(*'-'*)

私も一緒に写真撮るのだ!!
桜櫓館 009s
大きさがわかるでしょうか!?
私の顔は隠してみました…久しぶりに着物です。
数箇所よれよれしていますが、、見逃してください(^▽^;)

次回は4月2日頃にまた、同じメンバーで桜櫓館にて展示があります。
春一番、桜がテーマの展示になるそうです。次回も楽しみです。











03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

プロフィール

藤本更紗

Author:藤本更紗
ビスクドール、創作人形、陶芸雑貨制作をしております。
人形では大竹京、本城光太郎に師事。現在は秋田県にて制作活動中。

連絡先 clispino@yahoo.co.jp

2015年
5月 グループWA人形展
10月 星月夜人形店

2014年
5月 デザインフェスタ39
8月 夏コミC86
10月 ドールワールドリミテッド

舞台経験9年
人形制作15年
趣味多数、人生寄り道だらけ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。